26歳以上

26歳から29歳の自動車保険について徹底紹介!

 

●【26~29歳】自動車保険料の相場と補償内容の選び方

 

  • 年齢条件を26歳以上で保険料が更に安くなる
  •  

  • 少し高額な車を購入する場合は?
  •  

  • 補償内容を手厚くしよう
  •  

 

自動車保険では運転者の年齢条件による、保険料の限定割引きがあり、26~29歳以下の場合は、25歳以下の年齢条件よりも保険料を安く抑えられます。

 

26歳以上の人で忘れてはならないのは運転者の年齢条件です!

 

運転者の年齢条件を26歳以上にするのと、21歳以上又は全年齢のままにするのとでは大きな差がでます!
このページでは※26歳・27歳・28歳・29歳の人に適した保険の考え方を紹介します。

 

おすすめ記事

A. 軽自動車の保険相場はどれくらい?

 

 

 

26歳にもなると、車の運転にも上手くなっているはずです。
中には1度位は事故を起こしてしまった人も居るかもしれませんが、そのまま順調に等級が上がっていれば大分安くなっていると思いますよね!

 

そして、26歳といえば年齢条件がまた一つ変わる年齢です。
実際に加入するといくら位なのかみてみましょう!


26歳以上の任意保険 【実例・見本】

 

各社のリアル見積もり実績

 

※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 一般・車対車+A・無し
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 9等級(継続・乗り換え)

 

26歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 26歳以上 ソニー損保 60,470円 47,680円 31,430円
アクサダイレクト 74,190円 57,320円 40,720円
三井ダイレクト 63,650円 49,930円 35,580円
損保ジャパン 226,210円 191,430円 112,570円
ホンダ・フィット 26歳以上 ソニー損保 72,980円 53,400円 37,790円
アクサダイレクト 90,760円 70,520円 48,650円
三井ダイレクト 75,670円 57,320円 42,740円
損保ジャパン 274,510円 225,600円 148,050円
トヨタ・プリウス 26歳以上 ソニー損保 94,580円 63,000円 37,790円
アクサダイレクト 118,200円 87,140円 53,860円
三井ダイレクト 98,780円 68,240円 42,740円
損保ジャパン 339,230円 258,960円 138,020円
トヨタ・VOXY 26歳以上 ソニー損保 81,370円 55,320円 34,530円
アクサダイレクト 102,000円 75,840円 48,610円
三井ダイレクト 86,280円 61,830円 41,970円
損保ジャパン 295,660円 233,490円 137,020円
スバル・レヴォーグ 26歳以上 ソニー損保 111,950円 70,700円 37,790円
アクサダイレクト 112,410円 81,640円 48,610円
三井ダイレクト 112,740円 75,260円 46,010円
損保ジャパン 381,630円 284,140円 137,020円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

 

この年齢条項は保険会社毎に保険料が実は大きく違ってきます。

 

例えば「おとなの自動車保険」などは40代・50代の人向けに作られているので、逆に20代の人が加入しようとすると割高になってしまいます。

 

 

26歳以上の自動車保険料の相場

 

 

自動車保険料の価格相場はいくらなの?という数字を出すために各社保険料を実際に調べて、年間保険料の平均値を出しました!

 

コレが本当に26歳以上自動車保険料の相場です!


 

保険会社:4社平均保険料 ●年齢:27歳 ●年齢条件:26歳未満不担保

27歳 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 76,410円 61,533円 40,330円
ホンダ・フィット 200,643円 72,165円 50,058円
トヨタ・プリウス 116,460円 84,578円 50,065円
トヨタ・VOXY 102,193円 75,960円 47,745円
スバル・レヴォーグ 127,370円 89,593円 49,570円

 

年齢条件26歳以上の一番安い自動車保険会社

 

 

実際に取得した見積から一番安い保険会社をピックアップしました!
保険料は基本条件が同じでも各社のサービスが違うため、安ければいいというものでは有りません。

 

それでも、26歳以上の保険選びで価格は一つの選択ポイントに成りますからね!

 

●見積もり保険会社中の最安値 ●年齢:27歳 ●年齢条件:26歳未満不担保

26歳以上 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX ソニー損保

60,470円

ソニー損保

47,680円

ソニー損保

31,430円

ホンダ・フィット ソニー損保

72,980円

ソニー損保

53,400円

ソニー損保

37,790円

トヨタ・プリウス ソニー損保

94,580円

ソニー損保

53,400円

ソニー損保

37,790円

トヨタ・VOXY ソニー損保

81,370円

ソニー損保

55,320円

ソニー損保

34,530円

スバル・レヴォーグ ソニー損保

111,950円

ソニー損保

70,700円

ソニー損保

37,790円

 

 

20代中盤の保険料はソニー損保が安いというデータだ見て取れますね。
ソニー損保は事故率が低くなる20代後半から30代をターゲットの中心に置いて契約をとっているからなのです。
狙った層を逃さいなという意味での戦略的設定価格かもしれませんね。

 

また、ダイレクト型自動車保険の方が確実に保険料が安くなっているのも、20代の保険選びでは外せないポイントかもしれませんね!

 

自動車保険料はほんの少しの条件変更で大きく変わります。

 

確実に自分の保険料をチェックするには一括見積もりを活用して比較するのが絶対に間違えないポイントです!

 






※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

 

 

 

次に、年齢条件と保険料の関係を見てみましょう。。
26歳以上ではどれ位保険料の割引が受けられるか知っていますか?

 

【26歳以上限定】を付けることによって保険料は更に変わってきますからね!


26歳になったら付けたい保険の特約

 

26歳では事故を起こさなければ、等級も9等級~12等級前後にはなっている人もいるはずで、「等級」は保険料に大きく影響しますね。

 

等級は安全運転を積み重ねるしかありませんが、保険料は割引や限定条件を付けることでも安くすることはできます。

 

特に運転の経験も積んできた26歳前後では、今までよりも多くの割引を受けることが出来るのです。

 

運転者の年齢条件を【26歳未満不担保】に設定するべし!

 

自動車保険には【運転者限定特約】と言う特約があり、26歳以上になると殆どの人が26歳未満不担保条件を附帯させています。
年齢条件は保険料の割引率が大きく、保険料を安くするためにかなり効果的という理由だからです。

 

年齢条件特約とは
年齢条件特約は21歳・26歳・30歳・35歳で区分が分かれ指定年齢以下の人の補償を不担保にする条件設定特約です。

 

でも26歳以下の人は運転できないのも何となく不安と言う人のために、年齢条件を付けることでどれ位保険料が安くなるのか確認してみましょう。

 

自動車保険の年齢区分

年齢条件 補償対象年齢
20歳以下(無制限) 全年齢
21歳以上 21歳~
26歳以上 26歳~
30歳以上 30歳~
35歳以上 35歳~

 

年齢条件「全年齢」「21歳以上」「26歳以上」を適用した時の保険料差を見てみましょう。

 

年齢条件による比較

 

●車種:プリウス
●年齢条件:全年齢・21歳以上・26歳以上の比較 ●等級:12等級 ●年間走行距離:無制限 ●対人・対物補償:無制限 ●免責5万円-10万円 ●家族限定

年齢制限 全年齢 21歳以上 26歳以上
年齢 27歳 27歳 27歳
年間保険料 223,890円 112,910円 103,930円
エコノミー車両保険 156,280円 78,780円 73,180円
車両保険なし 104,010円 52,390円 49,410円

 

年齢条件を付けることで半額にまで保険料が安くなっていますね。年間保険料が10万円ピッタリ程でしたら車両保険もきちんと加入しても保険料的にもそれ程高額すぎるということもありませんので、26歳になったら【運転者年齢条件】を適用したいですね!

 

友人・配偶者の年齢に気をつけて!

 

年齢条件の附帯で気を付けるポイントは、友人や配偶者の年齢です。26歳未満不担保の設定をしていた場合、25歳以下の人に運転をしてもらった時に事故に遭ってしまった場合、一切の補償が下りません。

 

自動車保険は被害者を守るため、かなり偏った事故状況でも賠償金が払われますが、この場合は何が合っても補償されないので絶対に注意して下さい!

 

26歳以上の保険で注意したい所は年齢制限ですね。恋人や友達に運転してもらうシーンがよく有るのか?
もしあるのなら、それに合った条件にしなければなりません。

 

26歳以上の人にオススメの契約内容は!

 


●必須の保険内容


①対人賠償保険  必ず無制限で!
②対物賠償保険  必ず無制限で!
③傷害賠償保険  一億円~無制限がオススメ
  (人身傷害保険は加入必須。搭乗者保険は任意で選択。)
④車両保険 エコノミー車両保険(車対車+A)


●必須の特約

  • 弁護士特約
  • 日常生活賠償責任補償特約

     (家族全員に適用。他人に怪我をさせたりものを壊した時に降りる補償)

  • ロードアシスト(JAF未加入の場合)

●必須の条件

  • 年齢条件
  • 運転者限定特約
  • 免許証カラー条件
  • 車の使用目的設定

この上記の条件は最低限必要です。
後はお好みで補償内容を充実させたり、各保険のサービスをつけるとよいでしょう。
その他にも以下のように、保険会社によっては自動的にセットとなる補償があります。



●自動的にセットとなる補償

  • 無保険車傷害保証特約

    無保険車との事故で自身の車に乗っている人を保証してくれる


  • 他車運転危険補償 

    他人の車や借りた車で事故を起こしてしまった場合、自分自身が加入している保険を適用することが出来る


  • 示談交渉サービス 

    相手との示談交渉を保険会社が行ってくれる

※保険会社によりことなる場合があります

 

 

⇒ 損しないためにも「自動車保険を一括見積もり」してみよう!

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

 

 

 

次に車両保険について触れてみましょう。

 

自動社保険を語るうえで車両保険は外せない問題です。

 

そもそもあなた自身に車両保険が必要なのかどうかから入る必要がありますよね。


26~29歳の【車両保険】について詳しく紹介!

 

20代後半では車両保険は加入するべき?

 

免許取り立ての10代・20代前半では車両保険にまともに加入していたら、保険料が物凄い金額になってしまっていましたが、26歳未満不担保を付けることで車両保険も現実的な価格になってきます。

 

車両保険は加入している方が良いのは当たり前で、可能なら「一般型の車両保険」への加入を検討しましょう。

 

自動車保険料は車両保険を付ける付けないでは、大きな差がでるのですがもちろん加入する方が良い補償です。
しかし20代前半では、あまりにも高すぎる保険料のため、車両保険に加入する意味が低い場合も多々ありました。しかし26歳未満不担保条件を付けられることで保険料の割引率がグンと大きくなるため、一気に車両保険へのハードルが下がるのです。

 

車両保険の保険料

 

4社平均の保険料

 

保険会社:4社平均保険料 ●年齢:27歳 ●年齢条件:26歳未満不担保

27歳 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 76,410円 61,533円 40,330円
ホンダ・フィット 200,643円 72,165円 50,058円
トヨタ・プリウス 116,460円 84,578円 50,065円
トヨタ・VOXY 102,193円 75,960円 47,745円
スバル・レヴォーグ 127,370円 89,593円 49,570円

 

⇒ 車両保険について契約前に詳しく知る必要がある!

 

免責を利用しよう!

 

年齢条件26歳未満不担保を付けてほけんりょうが安くなるとは言ってもそれでも大きな金額が必要になります。そのために保険料を安く抑えるために活用できるのが、「免責設定」です。

 

車両保険を削減する方法で一番効果的で、免責の割引率は保険加入者一律とるため、保険料が高くなる車ほど多額の割り引きが受けられます。

 

免責設定による保険料比較

 

●車種:トヨタ・アクア ●契約者年齢:27歳 ●年齢条件:26歳以上 ●使用者:家族限定 ●等級:14等級 ●年間走行距離:無制限 ●対人・対物補償:無制限 ●車両保険::あり150万円 ●弁護士特約::あり

※車の所有者の情報として上記の条件で算出しています。

★車両保険なし価格:44,600円

免責設定金額

年間保険料

免責なしとの差額

エコノミー+A

免責なしとの差額

0-0

95,520円

66,800円

0-10

85,950円

9,570円↓down↓

62,630円

4,170円↓down↓

5-10

75,670円

16,850円↓down↓

59,460円

7,340円↓down↓

5-5

79,160円

16,360円↓down↓

59,670円

7,130円↓down↓

10-10

72,440円

23,080円↓down↓

56,740円

10,060円↓down↓

 

 

免責設定の金額をいくらにしたらいいかと言うと、26~29歳の人は最大の自己負担額で加入することをおすすめします。

 

自分で傷つけてしまった小さな傷は、車両保険を使うよりも自腹で直した方が結果安く上がります。

 

そのため、大きな事故の時に視点を合わせておく必要があるからです。

 

 

→ 保険料を安せよ!【車両保険の免責金額】のおすすめは?

 

 

 

次に、26歳以上の保険は条件なぢおによってどれほど保険料が変わるのかチェックしてみましょう。

 

保証が厚いに越したことはないですが、保険料が高くなりすぎてしまうのも問題です。

 

保険料の代わり方をみて、限定条件や特約を選ぶ判断基準にしてください。


保険料に影響する26歳以上の保険選びと保険料

 

26歳以上ともなれば実家から独立したり、結婚して自分で家庭を持つったりする方も多いでしょう。

 

そうなれば自分の自動車の購入や、車両買い替えを検討する必要も出てきます。

 

そこで注意しなければならないのが自動車保険であり、自動車保険の保険料算出は年齢だけではなく生活環境も大きく影響するため、保険内容の見直しも必要になってきます。

 

各条件を変えて保険料を比較しました!

 

等級による価格差は?

 

●車種:フィット 1.3シリーズ

 

●等級:6等級(新規)と14等級比較 ●年齢制限:26歳以上 ●年間走行距離:無制限 ●対人・対物補償:無制限 ●免責5万円-10万円 ●家族限定

等級 6等級 14等級
年齢制限 26歳以上 26歳以上
車両保険 あり あり
年間保険料 171,600円 103,000円

 

18歳から自動車保険に加入して1度も事故がなかった場合には、8等級アップの14等級まで上がって保険料が減額している人もいるでしょう。

 

等級も年齢条件と同じく保険料算出に大きく影響してくるため、年々保険料が安くなっていきます。

 

自動車保険への初加入でも26歳未満の場合と比べて大きく安くなりますが、継続して等級を積み重ねることで上記のような大きな減額も期待できるというわけです。

 

免許証の色による価格差

 

●車種:フィット 1.3シリーズ
●免許証の色:ブルーとゴールドの比較 ●年齢:27歳 ●年間走行距離:無制限 ●対人・対物補償:無制限 ●車両保険:あり ●免責5万円-10万円 ●家族限定

免許の色 ブルー ゴールド
等級 14等級 14等級
年齢制限 26歳以上 26歳以上
年間保険料 103,000円 98,900円


無事故無違反で免許書がゴールド免許になっていることも考えられ、その場合にはゴールド免許割引を受けられるので、5000円~10,000円程安くなりますね。

 

 

26歳以上の人が自動車保険に加入する際は、年齢条件・等級による割引・免許証の色などにより、多くの割り引きが受けられ、安く契約することができます。

 

とはいっても保険料を安くするために保険内容を選ぶのではなく、現状に最適化した保険が結果的に安くなっているのが、26~29歳の自動車保険なのです。

 

そのため、多くの補償内容の中から、本当に契約者の運転条件にあったものなのかを吟味しなければならないのです。

 

 

26歳以上の保険を考えるポイントは次の4つ!

 

  1. 購入車両の検討

     車種による保険料の違い

  2.  

  3. 車両保険の検討

     車のタイプによって影響します

  4.  

  5. 走行距離の見直し

     保険料は走るだけ!

  6.  

  7. 運転者の限定条件

     配偶者など車を乗る人は決まっていませんか?

 

必要のない補償に余分なお金を支払う必要は無く、ほんの少し契約内容を見直すだけで保険料の節約も可能です。

 

少しでも無駄な保険料を払わなくても良いように、26歳以上の方が自動車保険に加入する際に必ず検討してもらいたいこのポイントを上手く利用してやれば更なる保険料の減額が可能なのです。

車のタイプと保険の関係

 

購入車両を検討しよう (タイプ別保険料比較)

 

自動車保険料は、車種と型式も大きく影響してきます。

 

保険会社は年齢で事故率を計って保険料に反映させているように、車の車種(型式)によっても保険使用率を見て保険料に反映しています。

 

そのため、スポーツカーなど事故が多い車はちゃんと保険料が高くなっているのです。

 

ハイブリッドカーは?

 

一見ファミリーカーとも取れるハイブリッドカーの型式別料率クラスも高く設定されています。

 

ハイブリッドカーは特殊なシステムが導入されているため、修理費が高額となるため、高い型式別料率クラスが設定され保険料が高額となっているのです。
それでも、購入する人が多い車なので、保険会社はエコカー割引などを設置して、少しでもお得感を出す偽装をしているのです。

 

●ハイブリッドカーとガソリン車の比較 ●年齢:27歳 ●年間走行距離:無制限 ●対人・対物補償:無制限 ●車両保険:あり ●免責5万円-10万円 ●家族限定

車種 フィット 1.3シリーズ プリウス1.8G
年齢条件 26歳以上 26歳以上
等級 14等級 14等級
年間保険料 103,000円 120,800円

 

⇒ ハイブリッドカーの保険料相場!普通車の中でも割高なのです

 

少し高い車に乗ってみたい!

 

そろそろ収入も増え、輸入車やスポーツカーにも乗ってみたい!と言うのを実現してもいいと思いませんか?
これら少し良い車は、保険料が高いというもの現実で、保険料算出に用いられる型式別料率クラスが高く設定されています。

 

型式別料率クラスは、1から20まで区分され料率クラスが低いほど保険料は安くなります。

 

料率クラス 保険料
1 約59,000円
2 約70,000円
3 約85,000円
4 約100,000円
5 約120,000円
6 約150,000円
7 約180,000円
8 約210,000円
9 約230,000円


*100万円の車両保険を付けた場合

 

この型式別料率クラスでスポーツカーや輸入車は高い料率設定となっているのですね。

 

高級車は一般的なファミリカーとくらべ、値段が車両代が高くスピードもでます。
保険会社としては、修理代が高く、危険領域へも簡単に持って行ってしまう車はリスクが有りあまり好ましいとは言えません。

 

簡単に言うと安い保険料では儲からない車種なんですね…。

 

 

保険料が高いといっても車は欲しい車に一度は乗るべきです。確かに輸入車やスポーツカーの維持費は日本車に比べると高くなりますが、それ以上に良いものはそれなりの価値が有りますからね!人生一度きり、乗りたい車に乗りましょう!(´・ω・`)b

 

 

→ 【型式別料率クラス】が自動車保険料を左右する!保険料への影響と決まり方

自動車保険の見直す時期でもあるのです!

 

走行距離の見直し

 

年間走行距離を設定できる自動車保険が有り、ダイレクト型自動車保険では当たり前になっていますね。

 

時間がある20代前半と違い、26歳以上ともなれば仕事にも慣れて、週のほとんどの時間を仕事に費やすという方も多いのではないでしょうか?

 

年間走行距離設定による比較

 

●車種:トヨタ・アクア

 

●年間走行距離:各距離の比較 ●年齢条件:26歳以上 ●等級:14等級 ●対人・対物補償:無制限 ●免責5万円-10万円 ●家族限定

年間走行距離上限 3,000km以下 3000-5000km 5000-10000km
3,000km以下 65,270円 49,570円 37,430円
3000-5000km 72,630円 55,000円 41,370円
5000-10000km 78,670円 59,460円 44,600円
無制限 90,400円 69,110円 50,880円

 

年齢が変わることでライフスタイルも変わってくるため、走行距離の再確認もしておくと良いでしょう。

 

家族構成を再確認

 

26歳以上では結婚したという人もいると思いますが、家族構成が変わるということが有ります。

 

家族で複数の車両を所有ているケースも多く、補償の重複が起こることもあり、【車外危険補償】の様に、家族で一人が契約していればいい補償もありますので、再確認をする必要が有ります。

 

親族の誰かの人身傷害保険に車外危険補償が付いている場合は、わざわざ自分で保険料を支払って無駄な保証をつける必要はないということですね。

 

まとめ

 

 

25~29歳の頃は家族環境が大きく変化する年代でもあり、補償内容を今一度見直す必要があるかもしれません。

 

気が付けば必要のない補償に余分な保険料を支払っていたんなて事はよくあることです。


 

●25~29歳の保険でチェックするポイントは

 

  • 購入車両の検討
  •  

  • 車両保険の検討
  •  

  • 等級引継ぎ
  •  

  • 走行距離の検討

 

の3つが重要なポイントとなってきます。

 

このポイントを上手く利用することで更なる保険料削減も可能となってくるのです。

 

しかし、自動車保険は事故時に十分な補償を受けられなければ意味がありません。

 

補償を見直す際にはこの点をよく踏まえた検討が必須です。

 

今回説明した保険料減額のポイントをうまく利用して、十分な補償が受けれる無駄のない保険選びを検討してくださいね。

 

保険は比べて安くする!

 

 

実際に保険料は保険会社に毎、大きく変わります。

 

そんな中から一番自分に合った保険会社を探すにはどうしたらいいのでしょうか?


実は簡単な事です、各社の保険料を横一列位並べて見比べれば良いだけ!

 

もちろん細かなサービス内容(ロードサービスなど)は違うかもしれませんが、基本ベースの保険内容で見積もりを取り、見比べれば、自分に合った保険会社を選ぶことが出来ます。

 

そんな事、言ったって、面倒臭いじゃないか!
と言うと思いますが、今は良いサービスが有って、
「保険料の一括見積りサービス」と言うのが有るのです。

 

こう言ったサービスを上手く使って、自分の合った保険会社を見つけてくださいね!


任意保険の選び方をナビゲート!

●保険チェックのゴールは保険選び!

自動車保険の「保険会社」「補償内容」「車両保険の有無」 【最終的に契約する保険会社】を選ぶためのお手伝いをします。
こちらでは自動車保険の選び方を6ステップに分けて紹介していますので是非あなたに合った保険を見つけてくださいね!

 

自動車保険上手く選べてますか?

 

 ●ママ(29歳)の自動車保険選び

30歳以下までの自動車保険は高額だからこそ補償内容を吟味するべし!

 

我が家の保険選びシミュレーション

 ●軽自動車の自動車保険

軽自動車は普通車とは保険料の決まり方が違います。 軽自動車の保険料相場と補償内容の 選び方のポイントをチェックしましょう。

軽自動車の保険相場はどれくらい?

 ●保険選びをナビゲートします

自動車保険を選べる様に分かりやすくナビゲートします

納得して保険を選べる様に自動車保険の選び方を1から分かりやすくガイドします。

自動車保険の選び方ガイド

 ●結局どの保険を選べばいいの?

結局どの保険会社を選べばいいのか分からないという人向けに、私のおすすめランキングを紹介しています。

おすすめの自動車保険ランキング!

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と関連するページ

20歳以下(10代)
10代、20歳以下での自動車保険の加入では、もっとも負担の大きい保険料の額となってしまいますので、維持をしていくのが大変になってきます。ただし親と同居していれば等級を引き継ぐことも可能になっています。
20代前半(21~25歳)
20代の自動車保険となると、20歳以下の条件に比べると少し保険料が安くなります。21歳以上のには年齢条件特約と附帯することで保険料が大きく割引されますが、20歳以下は不担保となる条件も同時に付くことになりますので、注意が必要となります。
30代前半 (30~34歳)
30歳以上の自動車保険ともなれば、そろそろ保険料がお手頃な料金になり始める辺りでもあります。この世代では家庭を持ったりすることで出費が多くなりやすいですので、有利な自動車保険選びが重要です。
35歳以上
自動車保険会社によっては採用していないところもありますが、35歳以上という区分もありますのでこの年齢層の方が自動車保険料を抑えるのであれば、35歳以上の区分設定のある保険会社を選ぶと有利です。
40歳代
40歳以上の運転者となると、子供が車を運転するようになるケースも多いため単純に安さだけを求める訳にはいきません。しかし運転技術の安定などの理由から、不必要な特約を除外したりと選択肢が増えてきます。
50歳代
50歳以上の自動車保険といえば全体から見てももっとも保険料が格安となる年齢区分です。生活面でもゆとりのある方が増えてきますので、極力充実した補償内容を附帯させた自動車保険選びをしたいものです。
60歳代
60歳以上の人の保険料相場は?またどういった所に気をつけるべきなのでしょうか?
70歳以上
70歳以上のひとが自動車保険に加入する際に気を付けるべきポイントと保険料の相場を紹介します。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド