家族限定割引

家族だけが運転する場合得する「家族限定割引」

 

 

最近の自動車保険は、設定を細かくすることで、費用をより安く抑えつつ、必要なサポートを付けることができるようになってきています。
特に「運転者を限定」することで、費用もぐっとやすくなるようになっているため、ここはしっかりと確認して適切な保険を組み立てるべきです。
たとえばご家族だけが契約の車を運転する、という場合は、「家族限定割引」がオトク!
ここでは「家族限定割引」の性質やポイントを知り、賢く利用するには何を気を付けるべきか、みていきましょう。


 

→ 運転者限定特約(ドライバー限定)を利用すると保険料はどれ位安くなる?

運転できる人の範囲を確認せよ!

 

補償される家族の範囲

 

「家族限定」を選ぶさいは、保険適用の「家族の範囲」を把握しておきましょう。

 

運転者限定特約で「家族限定」を設定した場合「契約者」「配偶者」「同居の家族」「別居で未婚の子」が補償を受けられる範囲になります。

 

もし、補償適用外の人が運転していた時に事故を起こしてしまうと無保険で自動車に乗っていたことと同じになってしまうので、かなり重要な事ですからね!

 

限定ドライバーの指定範囲

補償範囲 家族の例

家族限定

契約者 記名被保険者
配偶者 被保険者の配偶者
同居の親族 祖父・祖母・兄弟・子供
別居の未婚の子 一人暮らしをしている子供

 

※「同居の親族」は、一つの建物に同居している親族をいい、2世帯住宅は中でつながっている場合は同居とみなされます。また、親族とは、配偶者、6親等以内の血族、3親等以内の姻族までの規定になります。

 

 

運転者の範囲

家族

記名被保険者本人

30歳以上を補償します。
(設定年齢条件)

記名被保険者の配偶者
「記名被保険者またはその配偶者」の同居の親族
「記名被保険者」「その配偶者」のどちらとも別居の未婚の子

何歳でも補償します

上記以外の親族、友人・知人など

✖補償されません

 

「家族限定割引」の家族には「別居の未婚の子」も含む!

 

一般的には、家族というと、同居している人、というイメージがありますよね。
また、息子・娘が独り暮らしを始めて免許を取った、なんて場合もあります。

 

同居であれば息子・娘も家族に含むことになりますが、「別居の未婚の子」も「家族限定割引」は適用になります。

 

別居しても嫁に行くまでは一つの家族という考え方ですね。

 

極端な例では、40歳でまだ「結婚していない」という人も居ます。
そういった「それなりの年齢の独身の別居のご家族」も、「家族限定割引」の適用になるのです。

 

家を出たとしても、実家に来て運転してもらう場合でも補償されるのはありがたいですね。
もちろん入籍したら、補償対象外となってしまいますので、注意してくださいね。

 

 

運転者限定特約は、補償適用外の人が運転時に事故を起こすと補償が受けられません。

 

友人などに運転をしてもらう際には、友人の保険が適用できる特約に加入しているのか確認してからが良いですね!( *• ̀ω•́ )b

 

「家族限定割引」を使った場合、いくらオトク?

 

家族の範囲を確認したところで、気になる割引の金額を確認してみましょう。

 

運転者限定条件の違いによる保険料比較

 

※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。(ソニー損保)

  • 車種:トヨタ・アクア
  • 年齢:37歳
  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 年齢条件 30歳未満不担保
対人賠償 無制限 車両保険 各車設定
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 15等級

運転者限定範囲

年間保険料

エコノミー車両保険

車両保険なし

限定しない

72,510円

54,450円

39,510円

家族限定

71,810円

53,940円

39,510円

配偶者限定

67,780円

50,940円

37,000円

本人限定

67,090円

50,430円

36,630円

 

 

家族限定とその他運転者限定条件の保険料差

年間予想走行距離

年間保険料

家族限定との価格差

車両保険なし

家族限定との価格差

限定しない

72,510円

700円up↑

39,510円

0円

家族限定

71,810円

39,510円

配偶者限定

67,780円

4030円↓down↓

37,000円

2,510円↓down↓

本人限定

67,090円

4,720円↓down↓

36,630円

2,880円↓down↓

 

比較してみると、それ程安くならないですね。
それでも等級が低い人の場合は大きな金額になってきますので、家族以外が運転しない場合は、しっかり適用すべきですね。

「家族限定割引」を使うさいの注意点

 

ところで「家族限定割引」を使う場合に注意するポイントがあります。

 

例えば、たまたま知り合いとドライブに出かけていて、疲れてしまい運転を変わってもらった、というときに事故が起こったら、補償が受けられません。
このような時は保証対象外となってしまいます。

 

補償が受けられない場合

友人や知人 家族ではありません
2世帯住宅の両親・子供 家の中がつながっている場合は適用されるが、完全に行き来できない場合は適用されません
結婚した娘 別世帯の人です
結婚して別世帯になった息子 世帯が分かれています。

 

上記の場合は「家族限定割引」を適用しているても、補償対象外となるので注意が必要です。

 

同居の範囲

 

「同居の範囲」も気になるところですよね。

 

  • 2世帯住宅、同じ敷地の離れなどは「同居」
  •  

  • 同じマンション内でも、となりの部屋、別の階などの場合は「別居」

 

マンション内で隣同士の部屋を持っている場合や、別の階で暮らしているなんてこともありますが、これは対象外になるので注意してください。

 

別居の未婚の子

 

「別居の未婚の子」というのも少し気を付けるべきポイントがあります。

 

  • 別居し、結婚したものの離婚し、「今は独身」で別居であれば、「別居の未婚の子」にはならない
  •  

  • 別居し結婚したものの離婚し、「今は独身」で実家に戻っている場合は「同居家族」となり適用

 

  • 未婚で一人暮らし。「別居の未婚の子」になるため補償が適用されます。

    (この場合住民票の移動などは関係なく、事実関係が重要視されます。)

 

このあたりが見解がややわかりにくいですので、しっかりと確認しておきましょう。

 

結婚した娘・息子は「年齢条件」から外せます

 

結婚した娘、別世帯になってしまった息子さんは別家族とみなされ補償の適用外になりますが、「年齢条件が外されることになります。」

 

例えば、契約内容が35歳以上の年齢条件を付けた車であっても、結婚した娘・息子(別世帯)が23歳であっても補償の適用内になります。

家族のみしか運転しないという場合はぜひ使いたい!

 

「家族限定割引」についてみてきました。

 

補償適用の範囲はシーンによって変わり、分かりにくいと思います。

 

万が一の時に絶対に問題がないかを確認をするようにしてください。

 ●自動車保険・割引についてのお役立ち記事

 

自動車保険の割引制度を活用しよう!

※保険会社に用意される様々な割引を紹介しています。

 

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方


このサイトの人気記事!


結局どの保険を選んだらいいの?僕のおすすめ保険の選びかた


各社の見積もりを比べたよ!軽自動車の保険料相場って?


申し込んでみたよ!


自動車保険内容を見直しする

この記事と関連するページ

安全装備による割引き
自動車保険は実は車の装備によって各種の割引きを受けられるケースがあります。ABSやエアバッグなどの安全装置が備わっていることによる割引きなどです。しっかり把握しておき適用させるようにしましょう。
ゴールド免許の人
自動車保険の割引であるゴールド免許割引。常識てきな割引ですが、詳細まで理解できるように紹介します。
インターネット割引きと早期契約割引
早期割引や継続割引きなど各種割引制度が有ります。その中でも一番保険料に影響するのがインターネット割引きですね!
夫婦だけしか運転しない人
自動車保険の割引制度についてまとめています。自動車保険は上手く割引を活用しなければすごく高額になってしまいます。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター