自動車保険 選び方

自動車保険の選び方は【車の使い方】で決まる!

 

 

自動車保険は、「事故に遭ってしまった時に十分な補償が受けられるか」が重要なポイントです。
とはいえ、自分にピッタリの保険に加入できていかというのも難しい話です。
ここでは、あなたにピッタリな保険の選び方を紹介しますね。


 

自動車保険選びで一番伝えたいこと

 

自動車保険を選ぶとき、どんな基準で保険会社を選びますか?

 

有名な保険会社の会社名?それとも保険料の安さですか?

 

大事なのは「保険料や補償内容に納得できていること」です。

 

それってどんな保険?といったら、補償内容に対して保険料が安いと思える保険です。
この保険料でここまで補償してくれるんだ!これなら安いね!と思える保険が見つかれば、この保険はいいね!と納得できます。

 

このサイトでは、様々なタイプの車や使用状況に対して、どういった保険がおすすめなのか?
又は、「納得できる自動車保険の選び方を分かりやすくガイドします!」のページでは、順序に沿って読んでいくことで、あなたに合った保険を選べる様に解説しています。

 

また、結局どこの保険会社を選らんだらいいの?という人には「おすすめの自動車保険ランキング」を紹介しています。

    ●納得できる保険選びの流れ

     

  • 保険選びの心得
  • 通販型か代理店型か?
  • どこの保険会社を選ぶのか?
  • 補償内容を選ぶ
  • 保険料は最適か?
  • 自分の求める保険に決定!

 

自動車保険の【内容・補償条件】を選ぶのに迷っている人は、保険選び方ガイド6ステップをご覧ください。

 

 

→ 自動車保険の選び方を分かりやすくガイドします!

保険選びの心得

 

 

保険選びに一番重要なのは、自動車保険に何を求めるかです。

 

どの範囲まで補償が必要なの?

 

誰まで補償してほしい?

 

車の補償内容は「車の使い方」で決まりまり、どのような補償が欲しいのか組み立てていきましょう。


 

車の使い方を確認しよう!

 

自動車保険を選ぶ際に意識するポイントは、車の使用頻度です。
保険会社は「事故を起こすリスクがどのくらいあるのか」で、保険料を変化させているため、「車の使い方するのか?」が影響します。

 

そのために、自動車保険会社も「使用目的」「運転者の限定」「年齢」を選ぶのです。

 

毎日通勤に使う人は、補償が充実していた方が安心だし、週末や近所へお買い物しか使わないような、走行距離が少ない人は年間走行距離の指定で保険料を安くおさえるなどできます。

 

自動車保険は、車の使い方によって、手厚い補償が必要なのか、それともある程度安く抑える保険が好ましいのか決まります。

 

 

絶対に必要な補償内容を知るべし!

 

保険会社やプランを選ぶ前に、「自動車保険の基本補償(これだけは最低限必要な補償)」を把握しましょう。

 

事故に合った際に、どれほどの賠償金が発生する可能性があるのか想定し、それをカバーできる補償内容を知る必要があります。

 

●自動車事故の起こりうる最悪の状況は?

  • 重大事故、どんな事故の可能性があるか…?
  •  

  • 万が一複数の人が乗った車とぶつかって、複数名の命が失われた、あるいは複数名に後遺障害が残ったとしたら?
  •  

  • 物損の場合でも、数億円単位の建造物に衝突したら?
  •  

  • 電車との事故で、電車を廃車にした、遅延をさせた、乗客がケガをした、後遺障害が残ったら…??!

 

この様に起こりえる、最悪な事故でもカバーできる補償内容に加入する必要があります。

 

基本補償でカバーしたい事故の種類は?

 

自損事故 自宅の塀にぶつかった、駐車場で擦り傷をつくった
対人事故 自転車とぶつかって人をけがさせた、他人に後遺症を負わせた
対物事故 コンビニに突っ込んだ、ガードレールにぶつかった、踏切でエンストし、電車を遅延させた
人身事故 同乗者にケガや後遺症を負わせた、自損事故で骨折し休職せざるを得なくなった

 

 

重大事故の際に自動車保険で最も重要な部分は、「対人賠償」「対物賠償」です。相手への賠償額の「補償上限を無制限」にすることで、十数億円単位での賠償が発生した場合も、しっかりとカバーできます。
事故の規模や被害者の状況などは事故を起こす前には全く想像がつきませんが、被害者はひとりとは限りません。

 

そうなると、基本賠償の「対人・対物賠償」は絶対に「無制限」にする必要があります。

 

ここに挙げたような重大事故を万が一起こしたとしても、しっかりカバーできるのは、「無制限」しかないからです。

 

保険のタイプをえらぶ!【通販型?】or【代理店型?】

 

 

そして次にチェックしたいのは、保険のタイプ。

 

自動車保険は2つのタイプがあります。
それが「通販型(ダイレクト型)自動車保険」と「代理店型自動車保険」
自分がどちらを選んだらいいかみてみましょう。


 

【通販型】は車の使用頻度が低い人におすすめ

 

「通販型(ダイレクト型)自動車保険」は普段あまり車に乗らないライトユーザーにおすすめです。

 

ただし、ネット申し込みが基本で、営業マンやスタッフと相談せずに申し込みができるタイプの保険ですので、ある程度「補償内容を理解し、自身で組み立てる」必要があります。

 

使用頻度が少なくても、補償内容がよくわからない、という場合は、代理店型で相談しながら申し込むほうがいいかもしれませんね。
電話でも申し込めますが、ネット申し込みを電話でしてしまうとインターネット割引が受けられなくなるので注意してください。

 

通販型のメリット

 

ネットで自分で調べ、納得できるところを選べる

今の時代、インターネットでありとあらゆることを調べることができます。そのため、自分でトコトン調べて、補償の内容も決めれる方には、ネット型がピッタリです。

 

わずらわしい営業がない

ネットのよいところは、とにかくわずらわしさがないところ!新しいオプションや補償などのセット販売などの営業がないので、自分に必要な補償だけに加入することができます。

 

通販型の【ポイント】

  • 日常的に自動車を運転しない、休日しか自動車に乗らない
  • ある程度自動車保険の仕組みが分かっている
  • とにかく保険料を安くあげたい
  • 簡単に申し込みをしたい

 

【代理店型】は通勤など毎日車に乗る人におすすめ

 

「代理店型自動車保険」がおすすめの方は、「通勤に車を使う」など、車を運転する頻度が高い人です。

 

車に乗る事が多ければ多いほど、事故に遭うリスクが高まります。
より自身に合う保険を選ぶのためも代理店のは、営業担当がいることでスタッフの助言や様々なサービスが受けられます。

 

その分保険料が高くなりますが、安心を買うという意味では心強い味方になるはずです。
また、商用で車を使っている場合、代理店でないと自動車保険に入れないというケースもあります。

 

代理店型のメリット

 

対面ならではのきめ細やかな対応

1年に1回の更新といえど、代理店では顧客情報をしっかりチェックしています。そのため自動車保険の更新時には、自分で見落としがちな年齢条件や免許の更新などの変更点をキチンと指摘してくれます。誤申告にならないように注意してくれるのはありがたいですよね。

 

【ポイント】

  • 通勤や通学等、自動車は日常的に利用している
  • 保険のことはよくわからないし、内容は相談しながら決めたい
  • 補償やオプションを充実させたい
  • 業務用の場合、代理店型でないと入れないことも…

自動保険の様々なシーンや選び方

 

 

契約者の状況別の選び方

 

自動車保険の選び方で重要な一つに「車を使う人の環境」が有ります。

 

年齢だったり免許を取り立てだったりと保険を契約する人によって注意しなければならない補償条件や、保険料を安くするポイントだったりが変わります。

 

 

例えば車両保険が必要だったとしても、10代の時に一般型に加入するには負担が大きかったりしますよね?しかし、30代では車両保険はそうおおきなきんがくを積まなくても加入出来たりもします。

 

特に年齢は保険を選ぶ条件として、大きな役割もをっていますので、詳しく「年代別の保険料相場」で解説しています。

 

 

契約者の環境によって保険の考え方が変わりますからね!


 

車のタイプ別の選び方

 

自動車保険を選ぶポイントでもう一つ重要なのが「車のタイプ」による考え方です。

 

軽自動車とスポーツカーでは保険に求めるポイントも違いますし、保険料も変わります。

 

車のタイプによって料率クラスが設定されており、保険料も変わるため、保険の選び方にも影響してきます。
車のタイプ別による、保険の特徴をについては、「車のタイプ別自動車保険を紹介!」で保険選びの注意点を詳しく解説しています。

 

ここでは車のタイプによる自動車保険の選び方に触れてみましょう。

 

 

軽自動車には軽自動車なりの保険選びもありますからね!


保険会社・補償内容を選ぶ

 

 

保険会社や補償内容を選びにあたって、気にかけたいポイントが沢山あります。

 

補償の充実度や細かな選び方について紹介します。

 

 

 

 

自動車保険をもっと詳しく知って、納得した保険を選ぶにはまず自動車保険の基礎を知る必要もあります。自動車保険の基礎知識については「自動車保険の基礎知識~最低限必要な事」で詳しく解説しています。

決め手は保険料とのバランス!

 

自分の保険料がいくらなのか気になりますよね?

 

また、高いのか安いのかも知る必要が有り、保険選びの決め手は保険料と言ってもいいくらいです。

 

同じ補償内容でも、会社やプランによって保険料は変わります。

 

もちろん、評判の悪かったり、安いだだったりする保険会社は避けなければなりませんが、評判の悪い保険会社は今は殆どないですからね。

 

保険料は比較が近道

 

ライフスタイルにあった補償内容をイメージ出来たら、複数の会社で保険料を比較するのが確実です。

 

最近はネットでカンタンに自動車保険の比較ができますので、時間のあるときにトライしておくといいですね。
会社によって同じ補償内容、プランでも微妙に中身が違う場合もありますので、そのあたりも確認したうえで、価格を比較してみましょう。

 

比較するには条件を決める事

 

複数の保険を比較する場合、プランや補償内容は「同じ条件」にしておかなければ厳密に比較ができません。
オプションがあったりなかったりで、まったく同じ条件にできない場合もありますが、その場合はその違いを明確にしたうえで、それがある場合、ない場合、コストがどう違うか、どちらを選ぶべきか、考えることが大事です。

 

まとめ

 

保険に求めるものとして、保険料を安くしたいや、充実した補償内容で安心したいなど、求める物が人それぞれです。

 

補償内容を決める際も、「何を求め、何が足りないのか?」をイメージする必要が有ります。この、足りないと部分を特約で補うことで、補償内容が決まります。

 

★迷った時には・・・?

 

●まずは「同じ補償内容」でいくつかの会社を比較する
→オプションや車両保険の有無によっても、大きく保険料が変わります。まずは「同じ補償内容」の条件で見積もりを取った上で、自分に必要なオプションを提供している会社を選びましょう。

 

●あわせて保険会社の口コミをチェック
→保険会社の担当者や、事故の際の支払いはどうか?など、意外にインターネットで得られる情報は多いです。全てを信じるのは危険ですが、1つの参考資料としてチェックしてみましょう。


任意保険の選び方をナビゲート!

●保険チェックのゴールは保険選び!

自動車保険の「保険会社」「補償内容」「車両保険の有無」 【最終的に契約する保険会社】を選ぶためのお手伝いをします。
こちらでは自動車保険の選び方を6ステップに分けて紹介していますので是非あなたに合った保険を見つけてくださいね!

 

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 選び方ガイド