21歳以上

21歳以上の自動車保険について徹底紹介!

 

●【21~25歳】の自動車保険の考え方

 

  • 年齢条件【21歳未満不担保】を付けると保険料が安くなる
  •  

  • 新規加入は「等級譲渡・引継ぎ」で安くできる!
  •  

  • 保険が安くなる分補償を厚くしよう!
  •  

  • 憧れの車は諦めてはいけない!

 

自動車保険には、年齢条件特約があり、21歳が一つの別れ目になります。
【保険適用年齢21歳以上】という特約が付けれます。
運転者の年齢条件を付けることで大幅に保険料が安くなります。
その他にも10代から車を運転していた人は、ようやく保険料が安くなり、今から車を所有する人は、安く保険に加入する特殊な方法があるので見逃すことなく確認しましょう。

【21~25歳】の任意保険 【実例・見本】

 

 

10代の高額だった自動車保険料が、やっと安くなるのが21歳ですね!

 

21歳以上ではどれ程安く成るのか比べてみましょう!

 

各種車格ごとに分けたので参考にしてみてくださいね!


 

※車の所有者の情報として下記の条件で算出しています。

  • 使用者:家族限定
  • 使用目的:通勤・通学
対物賠償 無制限 車両保険付き 車種毎設定
対人賠償 無制限 車両保険 各種設定
人身傷害 無制限 (一般、免責金額) 1回目5万/2回目10万円
弁護士特約 有り 等級 6等級(新規加入)

 

21歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 21歳以上 ソニー損保 138,810円 109,050円 71,200円
アクサダイレクト 155,700円 120,950円 91,010円
三井ダイレクト 145,520円 110,510円 74,960円
損保ジャパン 226,210円 191,430円 112,570円
ホンダ・フィット 21歳以上 ソニー損保 170,140円 124,570円 88,220円
アクサダイレクト 196,240円 153,090円 110,340円
三井ダイレクト 161,680円 118,470円 81,710円
損保ジャパン 274,510円 225,600円 148,050円
トヨタ・プリウス 21歳以上 ソニー損保 170,140円 124,570円 88,220円
アクサダイレクト 261,810円 191,400円 121,790円
三井ダイレクト 209,020円 140,210円 84,310円
損保ジャパン 339,230円 258,960円 138,020円
トヨタ・VOXY 21歳以上 ソニー損保 189,180円 128,520円 80,120円
アクサダイレクト 223,290円 166,000円 110,250円
三井ダイレクト 176,210円 120,280円 76,270円
損保ジャパン 295,660円 233,490円 137,020円
スバル・レヴォーグ 21歳以上 ソニー損保 加入不可 加入不可 88,220円
アクサダイレクト 247,670円 177,870円 110,250円
三井ダイレクト 238,430円 152,860円 84,310円
損保ジャパン 381,630円 284,140円 137,020円

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

 

 

●21歳以上の自動車保険料の相場

 

 

自動車保険料の価格相場はいくらなの?

 

各社の保険料を実際に調べ、年間保険料の平均価格を出しました!

 

コレが本当に21歳以上自動車保険料の相場です!


21歳以上 年齢制限 保険会社 フルカバー

車両保険

エコノミー

車両保険+A

車両保険

なし

ホンダ・N-BOX 21歳以上 4社平均

(相場価格)

166,560円 132,985円 87,435円
ホンダ・フィット 21歳以上 4社平均

(相場価格)

200,643円 155,433円 107,080円
トヨタ・プリウス 21歳以上 4社平均

(相場価格)

258,815円 184,898円 108,085円
トヨタ・VOXY 21歳以上 4社平均

(相場価格)

221,085円 162,073円 100,915円
スバル・レヴォーグ 21歳以上 4社平均

(相場価格)

289,243円 204,957円 104,950円

 

●年齢条件21歳以上の一番安い自動車保険会社

 

 

実際に取った見積から一番安い保険会社をピックアップしてみました!
保険料は基本条件が同じでも各社のサービスが若干違うので安ければいいというものでは有りません。

 

それでも保険料の価格は大きな目安になりますよ。

 

21歳以上 年齢制限 保険会社 年間保険料 エコノミー

車両保険+A

車両保険なし
ホンダ・N-BOX 21歳以上 最安値 ソニー損保

138,810円

ソニー損保

109,050円

ソニー損保

71,200円

ホンダ・フィット 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

161,680円

三井ダイレクト

118,470円

三井ダイレクト

81,710円

トヨタ・プリウス 21歳以上 最安値 ソニー損保

170,140円

ソニー損保

124,570円

三井ダイレクト

84,310円

トヨタ・VOXY 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

176,210円

三井ダイレクト

120,280円

三井ダイレクト

76,270円

スバル・レヴォーグ 21歳以上 最安値 三井ダイレクト

238,430円

三井ダイレクト

152,860円

三井ダイレクト

84,310円

 

 

これらの表から【21~25歳の自動車保険】は、「ソニー損保」が保険料と車のタイプとのバランスが取れていると感じました。

 

ソニー損保の自動車保険は、市場は大きい軽自動車では価格を抑えているのですが、コンパクトカーや高額車は他社に比べ若干高く設定されていますね。

 

また、代理店型の自動車保険は、ダイレクト型(通販型)に比べ5割近く高くなっているため、20代の時はまだまだダイレクト型の自動車保険を選ぶメリットが大きいですね。

 

 

 

保険料は、ほんの少しの条件変更で大きく変わります。

 

自分の保険料が適正なのか確認するには、「一括見積もり」を活用して従来の保険と比較すると間違えなかったです。







※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

21歳以上になると保険料はどれ位安く出来るの?

 

 

20歳以下と21歳以上ではどれ位保険料の割引が受けられるか知っていますか?

 

【等級】と【年齢条件】によって、21歳を境におおよそ「2割」安くなります。


 

21歳以上になると運転者の年齢を限定する【運転者年齢条件】が適用できる年齢になります。

 

また等級は、事故にあわず保険を使わなければ毎年一つずつ上がり、18歳で運転免許を取得すると、21歳時にはスタートの6等級が9等級までランクアップしているはずです。

 

6等級と9等級では50%も保険料率が変わってきますので年齢条件と合わせると6割も安くなります。

あなたの年齢 年齢制限 等級 年間保険料 車両保険なし
20歳以下 全年齢 6等級 107,599円 68,184円
21歳 21歳以上級 9等級 65,661円 46,186円
金額差 41,938円down↓ 19,475円down↓

※この参考保険料金は自動車保険料シュミレータでの試算です。

 

これだけ差が有るので、年齢が21歳以上ならば、【運転者年齢条件】を適用しましょう。

 

【年齢条件】自分以外の年齢に気をつけて!

 

自動車保険に年齢条件を適用させた場合、同時に21歳未満不担保という状態を表します。
もし20歳以下の人が、その車を運転して事故にあってしまったた場合、何をしても補償を受けることはできません。

 

 

友達と遠出して、ちょっと運転を代わることは良く有ることです。
その友人が21歳以下だった時は、無保険の車に乗っている状態になるため、運転してもらう時は年齢の確認を絶対にしましょう。

 

21歳以上という条件を適用した場合は、絶対に20歳以下の方への車の貸し借りは行ってはいけません。

自分名義で車を買っても良い理由

 

上記で述べたように、年齢条件・等級が良くなってくるとかなりの保険料が安くなりますよね。
そうなると、自分の名義で保険に加入しても問題ない金額になってくると思います。

 

今後買い替えや、乗り換えで両親の名義を借りるというのは気持ち的にも頼ってしまっている感じがするものです。

 

折角成人している年齢ですので、そろそろ自分の名義で車を所有して保険も自分の名前で加入しても良いのではないでしょうか?

 

ワンポイント!
両親から引き継いだ保険で加入していた人は、新たに加入する事なく、保険の契約名義を変えることが出来ますよ!

21歳以上にオススメの契約内容は?

 

 

また21歳以上では20歳以下の条件よりも保険料は安くはなるものの、全体から見ればまだまだかなり若い年齢層であり、自動車保険料も高い部類に入ってしまいます。
生活環境や諸々の条件にもによりますが、新規で自動車保険に加入する場合であれば親の等級を引き継ぐことが可能であったりするケースもありますので、より良い条件での自動車保険加入ができるよう努めましょう。


 

 

⇒ 損しないためにも「自動車保険を一括見積もり」してみよう!

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

保険料に影響する21歳以上の様々な条件

 

 

年齢が21歳以上の自動車保険加入は20歳以下の時と比べ大きく立ち位置が変わってきます。

 

というのも、未成年は自動車保険の契約者にはなれなく、未成年者の保険証書を見れば契約者は必ず両親等の保護者となっています。

 

成人を迎えた21歳以上の方は立派な大人ですから、自分名義で契約者となることができるのです。

 

親御さんに頼ることなく、「保険会社選び」も「購入車両選び」も自分自身でできるようになるわけです。

 

となれば、自分で考え理解した保険選びが必要となってきます。


20歳以下の場合には契約者が親御さんである上、自動車保険のことなんて全くわからない未成年となってくるので、保険選びは全て親任せにできるでしょう。

 

しかし、21歳以上となれば立派に独立して生計を立てている方も多いでしょうし、親御さんからも自分で加入しなさいと言われるケースもあるかもしれません。

 

立派に成人となっているのですから、自分の自動車の保険料くらい自分で見るのが当たり前ですよね。

 

そこで問題となってくるのが自動車保険の選定方法です。

 

いくら成人だといっても、保険に関しては全く無知という方が大半です。

 

だからこそ、どんな自動車保険に加入すればいいのか迷ってしまうのも当然です。

 

自動車保険は運転者の年齢が低いほど高くなるという性質をもちます。

 

21歳以上になると、年齢区分では20歳以下よりも一つ割引きの対象区分が上がっています。

 

つまり、保険料としては20歳以下よりも安くなることが期待できるわけです。

 

だからこそ年齢条件がとても大切になるのです!

 

●一般的に自動車保険の年齢区分

年齢条件
20歳以下(無制限)
21歳以上
26歳以上
30歳以上

 

各条件を変えて保険料を比較しました!

 

21歳未満と21歳以上の保険料の差
年齢制限 21歳以上 20歳以下(無制限)
等級 6等級 6等級
年間走行距離 無制限 無制限
免許の種類 ブルー グリーン
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり あり
年間保険料 201,600円 401,600円


運転者の年齢条件が20歳以下と21歳以上では50%近くもの減額となるのです。

 

等級による価格差は?

 

18歳から自動車の運転をしており、無事故で自動車保険を利用していない場合には等級のアップもあります。

 

3年間無事故でしたら、等級は6等級から9等級にアップします。

車種 フィット 1.3シリーズ
年齢制限 21歳以上 21歳以上
等級 6等級 9等級
年間走行距離 無制限 無制限
免許の種類 ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり あり
年間保険料 201,600円 162,800円


等級が変わるだけで、約4万円の減額となるのです。

 

この金額だけを見れば、「すごく安くなるんだ!」と喜ぶ方もいるでしょう。

 

しかし、それは大きな感違いです。

 

先ほど申しましたように、自動車保険の保険料は年齢が低いほど高くなります。

 

つまり、20歳以下の最も高い保険料から解放されただけで、一般的に一番保険料が安くなると言われている40歳の方と比べればまだまだ雲泥の差があるのが実情なのです。

年齢・等級・免許の色の違いによる価格差
年齢制限 21歳以上 30歳以上
等級 6等級 20等級
年間走行距離 無制限 無制限
免許の色 ブルー ゴールド
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり あり
年間保険料 101,600円 56,100円


この現実を目にすれば、21歳以上の保険料はまだまだ高いということを実感いただけるかと思います。

 

20歳以下の方たちよりは大幅な値引きが期待できるのですが、自動車保険の保険料としては決して安いと言えるレベルではないということなのです。

 

21歳以上の方が自動車保険に加入する際には充実した保証を付けた上で、どんなポイントに注意すれば保険料をどれだけ低く抑えることができるのかを知ってもらいたいのです。

 

今回は、21歳以上26歳未満の方が保険料をできるだけ安くするにはどうすればいいのかについて説明していくことにしましょう。

21歳以上の保険契約ポイントはこれ!

 

 

自動車保険の保険料は年齢等級が大きな値引きポイントとなってきます。

 

この2つについては基本的にはどうすることもでできず、年数を重ねるしか方法がないからです。

 

それでは、21歳以上の保険料が高くなるのは避けようがないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

次の4つのポイントを上手く利用してやれば保険料の減額は可能です。


21歳以上の保険を考えるポイントは4つ

  1. 購入車両の検討

    26歳以上になるまで保険料が高い車は我慢するべし!

  2.  

  3. 車両保険の検討

    保険料が安くなるまで中古車or安い車でしのげ!

  4.  

  5. 等級引継ぎ

    初めての自動車保険ならば絶対にお得!

  6.  

  7. 傷害保険の検討

    車内のみ補償で節約するのがおすすめ!

 

それでは、どうやればいいのか各ポイントについて説明していくことにしましょう。

 

1.購入車両を検討しよう

 

自動車保険は車種・型式が保険料に大きく影響してきます。

 

これは、型式別料率クラスが関わってくるからです。

 

 

21歳以上ともなれば、キチンと決まった収入を持ち、欲しかった車をついに購入する!なんてシーンも増えてくるはずです。実際に渡しは初めての車は中古のフィットでしたが、22歳の時にずっと欲しかったレガシィ(もちろん中古)を買ったのは良い思い出です。

 

もし、自動車保険を安くしたいと考えたら、気に入った自動車の型式別料率クラスがどうなっているのかを知っておく必要があるのです。

 

実際に型式別料率クラスが保険料算出時に及ぼす影響を見てみましょう。

 

料率クラス 保険料
1 約59,000円
2 約70,000円
3 約85,000円
4 約100,000円
5 約120,000円
6 約150,000円
7 約180,000円
8 約210,000円
9 約230,000円


*100万円の車両保険を付けた場合

 

料率クラス1と料率クラス9とでは実に約4倍もの差が出てきます。

 

年間の保険料が約59,000円ですむのと、約230,000円もかかるのとでは雲泥の差があります。

 

ですから、希望購入車両の型式別料率クラスはどうなっているかは嫌でも知っておく必要があるのです。

 

21歳以上26歳未満の年齢となれば、少し保険料は上がりますが3ナンバー車やスポーツカーの購入も可能です。

 

欲しい車があるのでしたら、思い切って購入に踏み切るのが良いでしょう!

 

夢だった車を手に入れる事はステキなことです!

 

しかし、購入前には注意が必要です。

 

これら3ナンバー車やスポーツ系の車両は往々に高い型式別料率クラスが設定されているからです。

 

これら車両は一般的なファミリカーと比較するとこんな特徴があります。

 

  • 値段が高額
  •  

  • 最高時速が格段に早い

 

しかし、これら特徴は裏を返せば、

 

  • 修理費が高い
  •  

  • 事故を起こす確率が高い(危険度が上がる)

 

ということにもなるのです。

 

保険会社も同じ判断を下しているのでこのタイプの車種は、自ずと高い型式別料率クラスが適用され、ファミリーカーと比べると保険料が高額になってしまいます。
●スポーティカーとコンパクトカーの保険料の違い

車種 【ホンダ】フィット 1.3G 【スバル】 WRX STI
年齢制限 21歳以上 21歳以上
等級 9等級 9等級
運転者限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 無制限 無制限
免許の色 ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり あり
年間保険料 205,100円 729,200円


そこで考慮して欲しいのが、購入車両と型式別料率クラスとのバランスです。

 

いくら決まった収入が入ってくるといっても、この年齢では一括で車両購入できるほどの蓄えがある方はほとんどいないでしょう。

 

そうなれば、一般的な車両購入方法は自動車ローンということになってきます。

 

3ナンバー車や高級スポーツカーは決して安いものではありません。

 

月々のローン代金もバカにはならないはずです。

 

そこに、高額な自動車保険料がのしかかってくるのですから、普通に考えれば生活費が圧迫される可能性が高くなることは必須ですよね。

 

ですから、ローン代金と自動車保険料の合計額は自分で余裕を持って支払える額でなければならないのです。

 

⇒ 3ナンバー車の任意保険の注意点と特徴【普通乗用車保険相場】

 

最近はやりのハイブリッドカーも要注意

 

燃費がいいからといってアクアやプリウスなどハイブリッドカーが人気ですが、このハイブリッドカーの保険にも気をつけなければなりません。

 

 

車自体の口コミなどを見ていると「欲しいけれど年配ぽっく見られないでしょうか?」といった質問を多く見ますが、アクアを購入しようと考えている若年層は少なくないのです。

 

確かにアクアはカラーも10色用意されており、見た目も可愛いデザインですから購入したいと思う若年層の方も多いことでしょう。

 

しかし、一見ファミリーカーともとれるハイブリッドカーもスポーツカーや高級車とともに型式別料率クラスは高く設定されているのです。

 

「なんで?」と思われるかとも多いことでしょう。

 

実はこのハイブリッドカーは通常車とは違った特殊なシステムが導入されているため、修理費が高額となってしまいます。

 

ですから修理時には高額な費用が必要となってくるため、型式別料率クラスが高く設定されているというわけです。

 

車種 ホンダ・フィット1.3G トヨタ・アクア1.5G
年齢制限 21歳以上 21歳以上
等級 9等級 9等級
運転者限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 無制限 無制限
免許の色 ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり あり
年間保険料 225,100円 474,600円


上記のようにファミリーカーのフィットと比べれば2倍以上の金額差が出ていることを考えれば、低燃費や補助金、税控除を考えてもチョット考えてしまいますよね。

 

⇒ ハイブリッドカーの保険料相場!普通車の中でも割高なのです

 

そこで考えて欲しいのが型式別料率クラスは自動車保険のどの補償に大きな影響を与えているのかという点です。

 

型式別料率クラスは自動車保険の各補償に影響してきます。

 

つまり、保険料の総額に対して料率が用いられるのではなく、各補償内容に対してそれぞれ設定されたものが用いられることになるのです。

 

自動車保険は、基本になる4つの補償から成り立っています。

 

●基本になる4つの補償

  • 対人保険
  •  

  • 対物保険
  •  

  • 車両保険
  •  

  • 傷害保険

 

この料金は車種によって導き出された別々の料率が設定されています。

 

●それぞれに料率が設けられている

  • 対人保険 → 料率クラス7
  •  

  • 対物保険 → 料率クラス6
  •  

  • 傷害保険 → 料率クラス5
  •  

  • 車両保険 → 料率クラス9

 

このように、違った料率クラスが設定されています。

 

保険料のを気にする場合に最も注目してもらいたいのが車両保険です。

 

両保険が4つの中で最も保険料に影響を及ぼすのです。

 

自動車保険に加入しても車両保険を付けていない方が少なくないのも、車両保険が高いことが原因です。

 

人気のスポーツカーを例に取ってみると、

 

●スポーツカーの車両保険による価格差、

車種 【スバル)】WRX STI 【スバル)】WRX STI
年齢 21歳 21歳
年齢制限 21歳以上 21歳以上
等級 9等級 9等級
年間走行距離 無制限 無制限
免許の色 ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり なし
年間保険料 729,200円 279,200円

 

となっており、車両保険のあるなしで約450,000円もの差が生まれます。

 

また、ハイブリッドカーを見てみると、
●ハイブリッドカーの車両保険に寄る価格差

車種 トヨタ・アクア1.5G トヨタ・アクア1.5G
年齢制限 21歳以上 21歳以上
等級 9等級 9等級
運転者限定 本人限定 本人限定
年間走行距離 無制限 無制限
免許の色 ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり なし
年間保険料 474,600円 219,600円


となっており、2倍以上の金額差が生まれることとなるのです。

 

こう見れば、車両保険を付けるか付けないかで、支払う保険料がいかに変わってくるのかがお分かりいただけるでしょう。

 

それでは、次の章ではその問題の車両保険にどう対処すればいいのかを説明していくことにしましょう。

 

2.車両保険を検討しよう!

 

 

付けるか付けないかで支払う保険料が大きな影響を及ぼすのが車両保険です。

 

はっきり言って、いつまで経っても保険料が安くならないという方は高い車両保険が原因でしょう。

 

車両保険の保険料は高いというのが相場です。

 

ですから、その保険料がネックとなって車両保険を付けていないという人も少なくありません。


ある損保会社の統計によると、保険加入者の約40%が車両保険に未加入となっています。

 

この現実を見れば、車両保険の負担がいかに大きいのかお分かりいただけるはずです。

 

40%もの人が車両保険に加入していないのならば、車両保険は必ず必要なものではないのでは?

 

そうお考えになる方もいるかと思います。

 

しかし、高額車両に乗るのであれば車両保険は必須とも言えるでしょう。

 

というのも、もし事故に遭って修理が必要となった場合、高額な修理代金が必要となってくることが否めないからです。

 

確かに接触事故の場合なら、相手から修理費を得ることも可能です。

 

しかし、相手から入ってくる修理費は事故の過失割合によって決定されます。

 

修理費が100万円発生して、あなたと相手の過失割合が8対1だったとしましょう。

 

この場合なら、

 

100万円 × 90% = 90万円

 

の修理費を得ることができますから、残り10万円くらいなら用意することも不可能ではないでしょう。

 

しかし、これが逆だったらどうなりますか?

 

あなたと相手の過失割合が1対8だと、

 

100万円 × 10% = 10万円

 

しか相手から得ることができず、残りの90万を自分で用意することとなるのです。

 

また、相手のいない自損事故なら修理費を求める相手がいないわけですから、100万円を全額負担しなければなりません。

 

こう考えれば、車両保険はやはり必要ということになってきますよね。

 

それならば、車両保険が高くなるような車両購入は避けるしかないのでしょうか?

 

自分で給料を稼ぐようになり、せっかく欲しかった車両を購入できるようになったのに、保険料のせいでそれも諦めなければならなくなるのはできれば避けたいですよね。

 

実は、諦めなくてもすむ方法がないわけではありません。

 

この車両保険は車両の経過年数とともにだんだんと安くなっていきます。

 

そこでおススメしたいのが、新車ではなく中古車での車両購入です。

 

⇒ 車両保険について契約前に詳しく知る必要がある!

 

購入車両には中古車がおススメ!

 

車両保険の補償額は時価によって変わってきます。

 

車両保険の補償額はこの時価による車両価格が上限となっています。

 

ですから、新車購入した状態が一番大きい補償額となるわけです。

 

マツダRX-8/SE3Pの経過年数とともに変動するオークションの相場価格を見てみると、

 

2013年式

 

相場価格 2,300,000円~2,460,000円

 

2008年式

 

相場価格 1,420,000円~1,580,000円

 

となっており、年数を経るごとに車両価格が下がってきているのがお分かりいただけるかと思います。

 

ここで狙っていただきたいのが、同車種・型式の中古車です。

 

「現行の最新モデルでないと嫌だ!」というこだわりがある方には、おススメすることはできませんが、それでもOKという方ならば確実に車両保険を安くすることが可能です。

 

特にフルモデルチェンジをしていないマイナーチェンジの車種ならば、外観的にも大きな変化はありません。

 

新車での購入は、車両代金と保険料金を余裕を持って購入できる年齢まで待って、とりあえずは同モデルの中古車で我慢しておくというのもい一つの手と言えるのです。

 

補償内容を検討しよう!

 

車両保険と一口に言っても、

 

  • 一般型
  •  

  • エコノミー+A

 

の2つが用意されています。

 

呼び名は保険会社によって若干の違いはありますが、

 

  • 万全の補償を受けれる → 一般型 
  •  

  • 補償範囲は少ないが保険料が低くなる → エコノミー+A型

 

というように補償内容が違っているのです。

 

できるだけ車両保険を安くしたいという場合には、エコノミー+A型を選ぶのも一つの手となってくるのです。

 

減額幅は2~3万円と確実に保険料の削減が可能です。

 

しかし、単に安くしたいという理由だけでエコノミー+A型を選ぶことは絶対におススメできません。

 

チャンとどのような補償が受けられるのかを把握した上で選択するようにしてください。

 

エコノミー+A型の場合には、万全な補償がある一般型では利用ができる補償ではありません。

 

●エコノミー+Aと一般型の補償の違い

  • 自損事故
  •  

  • 当て逃げ

 

 

 

「車両保険エコノミー+A」では、相手がいる事故の場合のみでしか補償はされません。

 

2~3万円ほどの減額と上記補償があなたにとって、

 

減額 > 補償

 

補償 > 減額

 

のどちらになるのかを慎重に検討するようにしましょう。

 

免責を利用しよう!

 

車両保険も免責金額を設定してあげることで、保険料が安くなります。

 

免責とは車両保険を使う場合に、自分が決められた一定額を負担することです。

 

免責による割引額は、30代を超えた方の場合1万~2万円程度安くなります。

 

免責による割引率は保険料が高いほど多くなるという性質があり、まだまだ保険料の高い21歳から24歳の保険料を考えた場合、大幅な減額が期待できます。

 

免責の割引率は一律で年齢や等級などのように条件によって左右されることはなく、契約する保険料総額に対して、一律の値引きを受けるのです。

 

下記の保険条件で10%の免責が受けられるとしましょう、

 

車種 【スバル】WRX STI 【スバル】WRX STI
年齢 21歳 30歳
年齢制限 21歳以上 30歳以上
等級 9等級 18等級
年間走行距離 無制限 無制限
免許の色 ブルー ブルー
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり なし
年間保険料 729,200円 132,700円

 

●上記表の【スバル】WRX STIの免責をつけた場合である10%割引額(仮定)

対象 保険料 割引率 10%の割引額
21歳 729,200円 10% 72,920円
30歳 132,700円 10% 13,270円

 

その差72,920円-13,270円=59,650円も差があり、
本来なら自動車保険では大きな割引を受けられる「30代」との位置関係が逆転しているのです。

 

つまり、契約する保険料総額によっては、21歳以上でも免責を付けることで他の年代では得ることのできない割引を受けることができるというわけなのです。

 

しかし、免責は修理費用の一部を負担して、その代わりに保険料の割引を受けるものですから、事故にあった際の修理費が心配という方も少なくないでしょう。

 

ですが免責ゼロ特約を利用すればそんな心配は一切無用です。

 

免責ゼロ特約

 

この特約は免責を設定していても、自己負担額がゼロになるという特約です。

 

加入することで保険料は上がりますが、免責加入で得られる割引額と免責ゼロ特約加入で得られる割引額が、

 

免責割引額>免責ゼロ特約

 

となるならば十分メリットは出てくるでしょう。

 

しかし、この免責ゼロ特約に加入するには等級条件があります。

 

この特約を取り扱っている保険会社にもよりますが、1から6等級の方は加入NGというのが一般的です。

 

21歳から24歳の方は、18歳から保険加入しているという方ならば等級も上がっているでしょうから、十分条件をクリアできる可能性はあります。

 

ですが、初めて保険加入するという人は6等級からのスタートとなるため、この免責ゼロ特約を利用することはできません。

 

その場合には、等級が上がる翌年まで事故には気をつけて、シッカリ等級アップすることに尽力しましょう。

 

また、免責ゼロ特約は扱っている保険会社が少ないという難点もあります。

 

近年は保険の自由化により、各社が独自のサービスを展開しています。

 

この免責ゼロ特約もその1つです。

 

ですから、免責ゼロ特約だけにとらわれて保険会社を選ぶことは避けてください。

 

総合的に補償が満足いくところを選ぶ方が重要だだからです。

 

満足いく補償が受けれて、免責ゼロ特約がある保険会社というのがベストですね。

 

3.等級引継ぎを利用しよう!

 

保険料には年齢・と等級が大きく影響してきますが、この2つだけはどうにもなりません。

 

●保険料に影響する条件

  • 年齢
  •  

  • 等級

 

しかし、こと等級に限っては話は別です。

 

等級が低い21歳から25歳の人でも、有利な等級で保険契約する方法が等級引継ぎです。

 

18最から加入して無事故だったとしても25歳で13等級、初めての保険加入なら6等級スタートとなり、21歳以上26歳未満の方でも、この等級引き継ぎを利用すれば大きな保険料削減が可能となってきます。

 

等級引継ぎは同居の親族の方の等級を引き継いで、その等級割引を受けることができるサービスです。

 

ですから20等級の同居親族がいればその等級をそのまま引き継いで、大幅な保険料減額をすることも可能となってくるのです。

 

保険初加入の21歳の方が20等級の等級引継ぎを利用した場合の保険料と、そうでない場合を比較すると、

21歳以上・等級条件の違いによる保険料
保険内容 引き継ぎ あり 引き継ぎ なし
年齢 21歳 21歳
等級 20等級 6等級
年間走行距離 無制限 無制限
免許の色 ブルー ブルー
運転者年齢制限 21歳以上 21歳以上
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり あり
年間保険料 99,300円 201,600円


保険料は倍以上も変わってきます。

 

25歳・13等級と20等級の保険料、

保険内容 引き継ぎ あり 引き継ぎ なし
年齢 25歳 25歳
等級 20等級 13等級
年間走行距離 無制限 無制限
免許の色 ブルー ブルー
運転者年齢制限 全年齢 全年齢
対人賠償 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限
車両保険 あり あり
年間保険料 99,300円 128,700円

 

21歳の方の場合のような大幅な減額とはなりませんが、3万円近く安くなっていますね。。

 

まだまだ保険料が高い21歳以上~26歳未満の方が確実な保険料減額をお考えならば、この等級引継ぎを利用するに限るのです。

 

この等級引継ぎに関しては、「親から等級を引き継ぐ」で詳しく説明しています。

 

もっとよく知りたいという方はそのページを是非ご覧ください。

 

⇒ 等級引き継ぎ|息子娘へ譲ることで節約できる事も有るのです!

 

4.傷害保険の検討

 

これまで保険料を削減するための3つの方法を紹介してきました。

 

この3つの方法を実行すれば確実に保険料の削減を実現することができるでしょう。

 

しかし、「まだ他に削減する手段はないの?」と言われる方向けて、傷害保険の補償内容見直しについて説明していくことにします。


傷害保険は、

 

人身傷害保険

 

搭乗者傷害保険

 

の2つがあります。

 

双方とも事故時に搭乗者への損害金を補償する保険で、セットで加入する人が大半です。

 

傷害保険は相手からの対人補償保険で賄いきれない人的被害で発生する損害金を補償することができるメリットの高い特約として認知されています。

 

ですから、自動車保険に加入しているほとんどの方が人身傷害保険と搭乗者傷害保険をセットで契約しているのです。

 

しかし、傷害保険のメインとなるのは人身傷害保険であり、搭乗者傷害保険はあくまでも人身傷害者保険の補償を厚くすることを目的に用意されているので、この2つの補償はダブるところも多くあります。

 

自動車保険を熟知する人の中には、人身傷害保険だけで十分という人もいるくらいです。

 

そこで検討してもらいたいのが搭乗者傷害保険を契約せず、傷害保険は人身傷害保険だけに絞るという方法です。

21歳の時に保険を使うとどうなるの?

 

等級ダウンによる翌年からの保険料推移

 

 

一般的に事故にあい、保険で車を直したり賠償を適用すると等級は3等級下がります。

 

エミさんが接触事故を起こして、対物賠償(3等級ダウン)を使ったとします。

 

等級が下がることで確実に翌年の保険料が上がります。
すると翌年からの保険料はどう変わるのでしょうか?


●21歳の時に事故にあってしまった場合

経過年数/年齢 等級 保険料 無事故の場合の等級/保険料
1年後(翌年)/22歳 3等級 124,000円 7等級 78,000円
2年後/23歳 4等級 109,000円 8等級 67,000円
3年後/24歳 5等級 97,000円 9等級 63,000円
4年後/25歳 6等級 90,000円 10等級 61,000円
4年間の支払合計 420,000円 無事故時の合計 269,000円

 

エミさんが4年間無事故だった場合 269,000円の保険料の支払いでした。

 

しかし、事故で3等級ダウンとなり、6等級に回復するまで4年かかります。

 

1度保険を適用してしまうだけで、
151,000円多く保険料を支払わなければなりません。

 

補償適用で3等級下がってしまえば翌年の保険料が上がります。

 

そのため、元の等級に戻すには4年間無事故で保険を使わないで過ごすことが必要になり、21歳の時に遭ってしまった事故は、25歳まで影響する結果になってしまうのです。

 

3等級ダウンの事故とは

 

●3等級ダウンの補償

 

  • 対物賠償
  •  

  • 対人賠償

 

この補償内容を適用すると、翌年の等級が3つ下がります(6等級は3等級になり、保険料が割増しになります)。

 

一般的には相手がいる事故で、少しでも過失が自分にもある場合はこの補償が適用されます。

 

もちろん過失割合が0:10でこちらには賠償責任が無い場合には保険は使わなくていいので等級には影響しません。

 

また、等級は1年間に1等級しか上がりません。

 

もちろん事故にあっても補償を使わなければ等級には影響しませんが、補償適用前の等級に戻すまでには4年の歳月がかかります。

 

この4年間は事故前よりも等級が下がるので保険料が高くなってしまうのです。

 

1等級ダウンする事故

 

相手のいない自損事故や個人賠償で「車両保険」と「車内身の回り品特約」を適用した場合は、1等級ダウンになります。

 

    ●1等級ダウンの補償

     

  • 火災、爆発、台風、竜巻、洪水、高潮による損害
  •  

  • 落書き、いたずら、盗難
  •  

  • 飛来物、落下物との衝突

などが該当します。

 

ノーカウント事故

 

保険を使っても事故として数えず、翌年の契約の更新の際、等級が1つ上がります

 

    ●等級に影響しない補償

     

  • 人身傷害保険
  •  

  • 搭乗者傷害
  •  

  • 無保険車傷害危険補償特約
  •  

  • 事故時レンタカー費用補償 
  •  

  • ファミリーバイク特約
  •  

  • 自動車事故弁護士費用等補償特約
  •  

  • 日常事故(個人)賠償責任補償

 

たとえば、自転車で走行中転倒し、人身傷害保険から保険金を受け取っていても
ほかの対物賠償などを使わなければ、翌年の等級は1等級上がるのです。

 

まとめ

 

20歳以下と比べれば安くなる21歳以上の保険料ですが、まだまだ安いと言えるレベルではありません。

 

ですから、できるだけ保険料の削減は検討する必要があるのです。

 

21歳以上の方が保険料の削減を検討するには、下記の3つが重要なポイントとなってきます。

 

●21歳以上の方の保険でチェックするポイントは

  • 購入車両の検討
  •  

  • 車両保険の検討
  •  

  • 等級引継ぎ

 

この3つを上手く利用してやれば確実に大幅な保険料削減も夢ではないでしょう。

 

そして、それ以上の削減をお望みならば、

 

  • 傷害保険の検討

 

も合わせて行ってみましょう。

 

最初の3つのような保険料削減は期待できませんが、必要ない補償に余分な保険料を支払うことを防ぐ一手ともなりえます。

 

そう考えれば、保険料削減目的でなくとも検討してみる価値はあるでしょう。

 

しかし、保険料を安くしたいからといって簡単に補償を削るようなことは絶対にNGです。

 

自動車保険は事故時に十分な補償を受けられなければ加入している意味がないということをよく理解しておきましょう。

 

無駄のない補償内容で十分な補償が受けられた結果、保険料が削減できたという自動車保険選びを心がけてくださいね。

 

 

保険は比べて選ぶと安くなる!

 

【補償内容・保険料】で後悔しない保険選びに。


今すぐ自動車保険の無料一括見積りをしたい方はこちら

※「保険スクエアbang! 自動車保険」のサイトへ行きます

年代別の保険料相場と価格の決まり方


このサイトの人気記事!


結局どの保険を選んだらいいの?僕のおすすめ保険の選びかた


各社の見積もりを比べたよ!軽自動車の保険料相場って?


申し込んでみたよ!


自動車保険内容を見直しする

この記事と関連するページ

20歳以下(10代)
10代、20歳以下での自動車保険の加入では、もっとも負担の大きい保険料の額となってしまいますので、維持をしていくのが大変になってきます。ただし親と同居していれば等級を引き継ぐことも可能になっています。
26歳以上
自動車保険の年齢層区分では、26歳以上29歳以下という区分も設けられています。この場合26歳未満不担保という条件がついてしまいますが、年齢条件を設定することで保険料の低減が可能になります。
30歳以上
30歳以上の自動車保険ともなれば、そろそろ保険料がお手頃な料金になり始める辺りでもあります。この世代では家庭を持ったりすることで出費が多くなりやすいですので、有利な自動車保険選びが重要です。
35歳以上
自動車保険会社によっては採用していないところもありますが、35歳以上という区分もありますのでこの年齢層の方が自動車保険料を抑えるのであれば、35歳以上の区分設定のある保険会社を選ぶと有利です。
40歳代
40歳以上の運転者となると、子供が車を運転するようになるケースも多いため単純に安さだけを求める訳にはいきません。しかし運転技術の安定などの理由から、不必要な特約を除外したりと選択肢が増えてきます。
50歳代
50歳以上の自動車保険といえば全体から見てももっとも保険料が格安となる年齢区分です。生活面でもゆとりのある方が増えてきますので、極力充実した補償内容を附帯させた自動車保険選びをしたいものです。
60歳代
60歳以上の人の保険料相場は?またどういった所に気をつけるべきなのでしょうか?
70歳以上
70歳以上のひとが自動車保険に加入する際に気を付けるべきポイントと保険料の相場を紹介します。

TOP 軽自動車の保険 年代別の保険料 ランキング 見積もりシミュレーター